橘稲荷神社

2017.08.07[ 神社 ]

橘稲荷神社

江戸時代初期に江戸城内から遷された、町のお稲荷さま 橘稲荷神社

もともと北品川の御殿山にあった稲荷社が、一度江戸城内へ遷座した後、徳川将軍家の御典医・岡本玄冶が賜って(彼の屋敷があった)この地に遷されたのが起源という「橘稲荷神社」。「橘」とは、岡本玄冶の姓に因んで名付けられたものだそうですが、個人所有ではなく、町のお稲荷さまとして信仰されてきたそうです。

岡本玄冶はこの地に(邸宅とともに)借家を建て、庶民に貸していたことから、この辺りは当時から「玄冶店(げんやだな)」と呼ばれていました。

現在、神社はビルの敷地の一角に小祠として残されています。

最寄駅は東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「人形町」駅。駅からすぐ。

橘稲荷神社写真

橘稲荷神社写真

橘稲荷神社写真

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP