伊勢社(大和市下鶴間)

2018.11.02[ 神社 ]

江戸時代中期の創建と伝わる、下鶴間村の「お伊勢さま」 伊勢社(大和市下鶴間)

鶴間諏訪神社の境外末社のひとつ「伊勢社(大和市下鶴間)」。

創建年代は不明ながら、天明3年(1783年)の再建棟札が残っていることから、江戸時代中期にはすでに鎮座していたものと思われます。

御祭神は、大日霊命(天照大神)。江戸時代には「和光神明宮」と称し、地域の住民からは「お伊勢さま」と呼ばれ崇敬されてきました。

大正時代に入り一旦鶴間諏訪神社に合祀されましたが、その後地域で疫病の流行などの災難が相次いだため、大正14年(1925年)に元の社地に戻し再建されました。

最寄駅は、小田急江ノ島線「鶴間」駅。徒歩15分ほどでしょうか。

伊勢社(大和市下鶴間)写真

伊勢社(大和市下鶴間)写真

伊勢社(大和市下鶴間)写真

地域に残る細い道の、さらに奥に続く道の先に鎮座しています。近くまで行っても迷うかも知れません。

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP