溝口神社

2019.05.17[ 神社 ]

溝口神社

溝口村の鎮守だった赤城大明神が起源の神社 溝口神社

溝口村の鎮守だった赤城大明神が起源の「溝口神社」。

創建年代や御由緒は不明ですが、神社に残る棟札によると江戸中期の1709年(宝永5年)に社殿の造営(あるいは再建)が行われたそうで、それ以前からこの地に祀られていたものと思われます。

江戸時代にはご神体は『神女神男神の二體なり、其さま男神は毘沙門に似たるものにて、右手に玉を持つ、女神は辨財天の如き像』(『新編武蔵風土記稿』)だったのですが、明治期の神仏分離により、伊勢神宮から天照皇大神の御分霊を勧請、「溝口神社」と改称しました。

現在の御祭神は、天照皇大神・日本武尊。

そのあたりの経緯を聞きたいと思っていたのですが、社務所でお伺いすると『辨財天は祀っていません』の一言しかいただけませんでした。無念。いや、きっと聞き方が悪かったんです。失礼しました。

最寄駅は、JR南武線「武蔵溝ノ口」駅、東急田園都市線「溝の口」駅。

溝口神社写真

入り口。右に社標が見えます。

溝口神社写真

参道の鳥居。

溝口神社写真

ご由緒の書かれた案内板。

溝口神社写真

拝殿。

溝口神社写真

境内社の稲荷社。

溝口神社写真

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP