梶ケ谷神明社

2018.10.01[ 神社 ]

梶ケ谷神明社

江戸時代創建・戦前には梶ケ谷村の村社だった神社 梶ケ谷神明社

江戸時代(元禄年間以降)の創建と伝わる「梶ケ谷神明社」。

明治期にもともと梶ケ谷村の鎮守だった子之神社を合祀し、村社となりました。

御祭神は、大日孁貴命(天照大神)。

現在は、白幡八幡大神の兼務社となっています。

最寄駅は、東急田園都市線「梶が谷」駅。徒歩10分ちょっと。小高い丘の上に鎮座しています。決して大きくはないですが、品のある神社でした。

梶ケ谷神明社写真

境内社。おそらく三峯社と秋葉社。

梶ケ谷神明社写真

石段の脇にある地神塔。

梶ケ谷神明社写真

梶ケ谷神明社写真

梶ケ谷神明社写真

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集