袖摺稲荷神社

2019.07.09[ 神社 ]

源頼朝が流刑の地で御神像を彫刻し建立した稲荷社が起源 袖摺稲荷神社

源頼朝が流刑の地で御神像を彫刻し建立した稲荷社が起源と伝わる「袖摺稲荷神社」。

「平治の乱」後に伊豆・蛭ヶ小島に流刑となっていた源頼朝が、稲荷の神像を彫刻して建立された稲荷社が起源と云われており、その後小田原、墨田、そして現在地である浅草へは江戸時代に遷座しました。

境内の掲示板には以下のように記されています。

==========

今より約八百年前、源頼朝卿が伊豆に蟄居のときのこと、兵糧でもある米穀に乏しくならぬよう稲荷の神体を彫刻し、豆州北条に一社を建立したのが当社のおこりと云われています。後に伊勢新九郎(後の北條早雲)が小田原城に移った際に、その神体を城内へ遷座したところ多くの奇瑞が顕れたといいます。このことから開運稲荷と尊称されました。
小田原城落城に至り、この稲荷に信心あつかった小西半右衛門という者の夢に稲荷の神があらわれ「我を供奉して隅田の辺に下るべし」と御告げがあり、天正十八年、小西は神体と鈴とをもって当所に仮殿を設けることにしました。仮殿を建てんとしたところ土中より一仏が出現し、洗い清め見ると十一面観音であり、実に稲荷の本地仏なりと喜び本社へ移し奉りました。
のちに奇瑞あらたなることから、徳川四代将軍家綱公より町屋御免を賜り、当地へ遷座しました。霊験あらたかにして諸穀の豊穣を司り、願望を成就せしめ一切の災を除く故に、参拝の輩は群集をなし神籬にそですり通うことから「神寿里稲荷」が守号となり、「袖摺稲荷」と変化しました。

==========

現在は浅草神社の兼務社となっています。

最寄駅は、東京メトロ銀座線・東武伊勢崎線・東京都営地下鉄「浅草」駅。徒歩15分ほど。

袖摺稲荷神社写真

境内の案内板。

袖摺稲荷神社写真

結構急な角度の階段を登ります。

袖摺稲荷神社写真

袖摺稲荷神社写真

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP