新作八幡宮

2019.05.22[ 神社 ]

新作八幡宮

新作村の鎮守として祀られていた神社 新作八幡宮

仏手台と呼ばれた地域の高台に鎮座する「新作八幡宮」。

創建年代や御由緒は不明ですが、江戸時代には新作村の鎮守として祀られていたと伝わっています。新作村は江戸開府よりも前に開拓されていた地域だったので、創建年代もかなり古いのかもしれません。

御祭神は、応神天皇・神功皇后・玉依姫命。

現在は中野島稲荷神社の兼務社となっています。

最寄駅は、JR南武線「武蔵新城」駅。

新作八幡宮写真

南側にある参道の入り口。地図アプリではこの地点が海抜20m、社殿のある頂上付近は40mとなっていますが、もっと標高差があるように感じられます。

新作八幡宮写真

かなり急な階段が続きます。

新作八幡宮写真

登り切ったところに鳥居が。

新作八幡宮写真

参道に祀られている七福神像。

新作八幡宮写真

拝殿右手にある境内社の飯綱権現社。

新作八幡宮写真

拝殿左手にある境内社。熊野社・八坂社・三峰社が合祀されています。

新作八幡宮写真

新作八幡宮。 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

RICHOH THETA SCによる360度画像(2019.4撮影)。

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP