元神明宮

2018.08.15[ 神社 ]

元神明宮

徳川家の意向に背いてまで御神体を護ったと伝わる神明さま 元神明宮

1005年に、一條天皇の勅命により創建したと伝わる「元神明宮」。当初は「神明宮」と呼ばれていました。

渡辺氏の祖とされる渡辺綱の産土神と伝わっています。

江戸時代のはじめ。徳川家康の命によって飯倉神明(現在の芝大神宮)に遷座することとなるのですが、この際、『御神体は渡せない』と考えた地元民が、御神体を隠し、昼夜これを護ったため、結局御神体は遷されずにこの地に残ったのだそう(芝大神宮は結局ここの御分霊を祀っているのだそう:芝大神宮の御由緒はこれとは別の話が伝わっています)。その結果、こちらは「元神明宮」と呼ばれるようになりました。

御祭神は、天照皇大御神。

相殿に水天宮が祀られているのですが、これは、江戸時代に、当時隣にあった有馬藩邸内に祀られていた水天宮が移転する際に、この地に御分霊を奉斎したものだそう。元の水天宮は、現在の日本橋蛎殻町の「水天宮」。あの「なさけありまの水天宮」です。

現在の社殿は、近代的なビルの一角(鳥居を通ってくると2階相当部分)になっています。これは1994年に完成したもの。

最寄駅は、都営大江戸線「赤羽橋」駅。

元神明宮写真

鳥居をくぐり石段を登った先の風景。

元神明宮写真

2階はこんな感じ。

元神明宮写真

石段の横にある境内社。見た感じ「富士塚」かと思ったのですが、祀られているのはお稲荷さま。

元神明宮写真

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP