川上稲荷神社

2018.07.31[ 神社 ]

江戸初期に将軍家の御上場に創建されたのが起源と伝わる小祠 川上稲荷神社

江戸初期の創建と伝わる「川上稲荷神社」。

1628年、新柳町(現在の東日本橋二丁目付近)に設けられた将軍家の御上場(船乗場)に創建されました。

明治初期に現在地に遷座、先の戦災で焼失しましたが、戦後に再建されました。

御祭神は宇迦之御魂神。

神社の東側には両国橋があります。この両国橋は、江戸時代に「大橋」として造られたものですが、江戸時代当初はこの橋のかかる隅田川が「武蔵国」と「上総国」の境だったことから「両国橋」と呼ばれるようになり、そして両岸一帯が「両国」と呼ばれるようになったのだそう。現在「両国」と言えば東岸の一部のみの名称となっていますが、かつては「向両国」と呼ばれていたそうです。

最寄駅は、都営地下鉄浅草線「東日本橋」駅、あるいは神田川の北側の各線「浅草橋」駅。

川上稲荷神社写真

川上稲荷神社写真

社標の横に刻まれた御由緒。

川上稲荷神社写真

川上稲荷神社写真

奥に見えるのは靖国通りの「両国橋西」の信号。写真の手前側が両国橋です。

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP