東方天満宮

2019.04.19[ 神社 ]

東方村の鎮守として祀られていた天神さま 東方天満宮

東方村の鎮守として祀られていた「東方天満宮」。

創建年代や御由緒は不明ですが、もともとは北方十五丁(現在の港北ニュータウンの中でしょうか?)の天神山に鎮座していたものを、慶長年間に現在地に遷座したと伝わっています。

境内には梅の木が多く植えられており、地域の梅の名所となっているそうで、毎年「梅まつり・観梅会」が行われているそうです。

御祭神は、菅原菅相丞霊他五柱。「他五柱」とは、明治期に合祀された八幡社・神明社・愛宕社・御嶽社・稲荷社を指すものと思われます。

現在は劔神社の兼務社になっているようです。

最寄駅は、横浜市営地下鉄ブルーライン「仲町台」駅。

東方天満宮写真

大鳥居。

東方天満宮写真

大鳥居の脇にある御由緒板。

東方天満宮写真

石段の中ほどにある丹塗りの鳥居。

東方天満宮写真

石段の周りにも多くの梅の木が。

東方天満宮写真

社殿。

東方天満宮写真

境内にも多数の梅の木が植えられています。

東方天満宮写真

狛犬。

東方天満宮写真

社殿に掲げられた扁額。

東方天満宮。 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

RICHOH THETA SCによる360度画像(2019.3撮影)。

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP