金亀坊稲荷

2018.10.26[ 神社 ]

金亀坊稲荷

お寺の境内の脇に祀られているお稲荷さま 金亀坊稲荷

真言宗鶴間山東照院観音寺の境内の脇に祀られているお稲荷さま「金亀坊稲荷」。

観音寺は、天文年間(1532〜1555年)の開山と云われています。「金亀坊」(こんきぼう)とは、こちらのお寺の旧号で、現在の寺号となったのは江戸時代中期の宝暦年間(1751〜1764年)ということから、お稲荷さまができたのはそれ以前と考えられています。観音寺は、江戸時代には鶴間諏訪神社の別当を務めていました。

最寄駅は、東急田園都市線「つきみ野」駅。徒歩15分ほど。

金亀坊稲荷写真

真言宗鶴間山東照院観音寺。金亀坊稲荷は、手前の門を通ってすぐ右側に鎮座しています。

金亀坊稲荷写真

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP