川向稲荷神社

2019.04.20[ 神社 ]

川向稲荷神社

慶長年間の分村によって村の鎮守となったお稲荷さま 川向稲荷神社

慶長年間の分村によって村の鎮守となったお稲荷さま「川向稲荷神社」。

もともとこの地域は武蔵国橘樹郡小机郷と呼ばれていましたが、慶長年間に小机村・本郷村・川向村に分かれた際に、小机郷の郷社だった住吉神社の境内に奉斎されていた稲荷社の御分霊を勧請し、川向村の鎮守としたのが「川向稲荷神社」の起源と伝わっています。現在地には明治40年に遷座しました。

御祭神は、倉稲魂命。

最寄駅は、JR横浜線「鴨居」駅、あるいは「小机」駅。どちらからも徒歩15分ちょっとかかるかと思います。

川向稲荷神社写真

鳥居。

川向稲荷神社写真

狛犬。

川向稲荷神社写真

境内社の御嶽社。

川向稲荷神社写真

川向稲荷神社。 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

RICHOH THETA SCによる360度画像(2019.3撮影)。

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP