伏見三寳稲荷神社

2018.08.14[ 神社 ]

伏見三寳稲荷神社

江戸時代から祀られてきたと思われる、東京タワーを見上げる橋の袂に鎮座するお稲荷さま 伏見三寳稲荷神社

明治時代の初期に、小林七兵衛という人が近隣にあった「三宝稲荷」を屋敷内に遷し祀ったと伝わる「伏見三寳稲荷神社」。

その後京都の伏見稲荷大社より御分霊を勧請し、「伏見三寳稲荷神社」となったそう。幾度かの遷座の後、1985年に現在地へ遷座しました。

御祭神は、宇迦之御魂神。

明治初期の時点であったという「三宝稲荷」、おそらくは江戸時代にはこの近隣にあったのでしょうが、御由緒等はわかりませんでした。

現在祠のある赤羽橋南詰は、東京タワーが大きく、かつ綺麗に見えるスポットのひとつ。ちなみに橋の下を流れるのは古川ですが、その上流の名は「渋谷川」。かなり大きく蛇行している川なんですね。

最寄駅は、都営大江戸線「赤羽橋」駅。

伏見三寳稲荷神社写真

伏見三寳稲荷神社写真

伏見三寳稲荷神社写真

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP