正八幡神社(文京区)

2018.09.21[ 神社 ]

正八幡神社(文京区)

江戸時代には「関口八幡宮」と呼ばれていた八幡さま 正八幡神社(文京区)

江戸時代には「関口八幡宮」と呼ばれていた八幡さま「正八幡神社(しょうはちまんじんじゃ)(文京区)」。

残念ながら創建年代や御由緒等、詳細はわかりませんでした。江戸時代にはこちらが「関口八幡宮」、水神社の並びにあったと云われる八幡社は「椿山八幡宮」と称し、関口八幡宮を上の宮、椿山八幡宮を下の宮と呼んで、両八幡が隔年で祭礼を取り行っていたそうです。

御祭神は、品陀和気尊(応神天皇)。

最寄駅は、東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅。徒歩5分ちょっと。

正八幡神社(文京区)写真

正八幡神社(文京区)写真

正八幡神社(文京区)写真

正八幡神社(文京区)写真

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP