東關森稲荷神社(品川区大井)

2017.08.01[ 神社 ]

東關森稲荷神社(品川区大井)

「稲荷の森」と呼ばれた場所に建つお稲荷さま 東關森稲荷神社(品川区大井)

江戸時代に、当地の農家が勧請し創建されたと伝わる「東關森稲荷神社(品川区大井)」。

「東關森」(とうかんもり)の名称については、他の同名の神社の御由緒にもあるように「稲荷の森」が転じたものと思われます。この地も明治期までは「森」と呼ばれていました。

古い地図を見るとこの地と南品川にある「東關森稲荷神社」はほぼ一本道で繋がっています。何か関連があるかも、と思ってお詣りしたのですが、残念ながらそういう類のものを見つけることはできませんでした。

現在は、ちゃんと鳥居も拝殿も残されているものの「廃墟」に通じる印象が。。でもこれだけの境内が残されているのですから、復興の余地もあるかと思います。住宅地の中だけに色々と大変でしょうが、地域の憩いの場として復活してほしいなと感じました。

東關森稲荷神社(品川区大井)写真

東關森稲荷神社(品川区大井)写真

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP