出世稲荷神社(豊島区北大塚)

2019.03.04[ 神社 ]

出世稲荷神社(豊島区北大塚)

北大塚の住宅街の中に佇む神社 出世稲荷神社(豊島区北大塚)

北大塚の住宅街の中に佇む「出世稲荷神社(豊島区北大塚)」。

創建年代や御由緒は不明ですが、江戸末期の地図に記載がある(現在の空蝉橋付近)ことから、それ以前からこの地域に祀られていたと思われます。

鉄道敷設(山手線と貨物線拡張)により、大正期に現在地に遷座しました。

御祭神は宇迦之御魂命。

ちなみに、もともと神社があったという「空蝉橋」ですが、「大塚北口商栄会」サイトによると名称の由来は『明治天皇が、この地を訪れたとき、稲荷神社(※これが現在の出世稲荷神社かと思われます)にあった赤松の木に、「せみ」のぬけがらがたくさんあったことから「空蝉の松」と名づけられ、その名前から「空蝉橋」と名づけられた』とのこと。

最寄駅は、JR山手線「大塚」駅。徒歩5分ほど。

出世稲荷神社(豊島区北大塚)写真

出世稲荷神社(豊島区北大塚)写真

出世稲荷神社(豊島区北大塚)写真

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP