今井神社(川崎市中原区)

2019.06.22[ 神社 ]

今井神社(川崎市中原区)

鎌倉時代初期の創建と伝わる神社 今井神社(川崎市中原区)

鎌倉時代初期の創建と伝わる「今井神社(川崎市中原区)」。

鎌倉時代初期に、小宮筑後守入道道康の霊を祀り創建されたと伝わっています。小宮筑後守入道道康とは、畠山重忠の一族で、この辺りに館を構えていたそうです。

江戸時代には山王社と称していましたが、明治期に日枝神社と改称、その後地域の稲荷社・厳島神社を合祀し、現在の「今井神社」に改称されました。

現在の御祭神は、大山咋命。

現在は住吉神社の兼務社となっています。

最寄駅は、東急東横線・JR各線「武蔵小杉」駅。徒歩5分ほど。

今井神社(川崎市中原区)写真

鳥居と社標。

今井神社(川崎市中原区)写真

狛犬。

今井神社(川崎市中原区)写真

社殿。

今井神社(川崎市中原区)写真

境内社。稲荷社、弁財天、神明宮の合祀殿。

今井神社(川崎市中原区)写真

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP