池袋水天宮

2019.03.06[ 神社 ]

池袋水天宮

池袋の繁栄を願って奉斎された小祠 池袋水天宮

池袋の繁栄を願って奉斎された「池袋水天宮」。

1928年(昭和3年)に、池袋の繁栄を願い、日本橋の水天宮(東京水天宮)で授かった御礼を祀ったのが起源と伝わっています。その後数度の遷座の末、戦後に現在の池袋駅前公園内に鎮座することとなりました。

御祭神は、天御中主大神・安徳天皇・建礼門院・二位ノ尼。

最寄駅は、JR各線「池袋」駅。東口から徒歩3分ほど。線路沿いの池袋駅前公園内に、駅の方に向けてお祀りされています。

池袋水天宮写真

社殿横の御由緒板。

池袋水天宮写真

左に見えるのは山手線の線路。

池袋水天宮写真

線路とビルに挟まれた場所に鎮座しています。鳩がいっぱい。。

池袋水天宮写真

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP