羽沢神明社

2019.03.30[ 神社 ]

羽沢神明社

旧羽澤村の鎮守として祀られてきた、西向きの社殿を持つ神社 羽沢神明社

旧羽澤村の鎮守として祀られてきた「羽沢神明社」。

創建年代や御由緒は不明ですが、江戸時代初期には既に鎮座していたと記録されています。江戸時代には旧羽澤村の鎮守でした。

明治期に羽沢村の村社となり、その後近隣の聖天杉山社・具行蔵王権現社・羽沢熊野社・綿打杉山社を合祀しました。

現在の御祭神は、天照皇大神・素盞鳴尊・大物主神・伊弉諾尊。

現在は東神奈川熊野神社の兼務社になっています。

最寄駅は、横浜市営地下鉄ブルーライン「片倉町」駅。しかし結構な距離があります。西谷と新横浜を結ぶ路線が開通すると、その「新駅」が一番近くになるのだと思います。

羽沢神明社写真

北側に向いている参道と鳥居。ちなみにこちらの神社、神社としては珍しく西を向いています。

羽沢神明社写真

鳥居の扁額。

羽沢神明社写真

こちらは拝殿に掲げられた扁額。

羽沢神明社写真

羽沢神明社写真

羽沢神明社写真

羽沢神明社。 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

RICHOH THETA SCによる360度画像(2019.3撮影)。

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP