松見坂地蔵尊

2016.11.25[ 史跡・公園等 ]

松見坂地蔵尊

旧上目黒村を災いから守ってきたパワー絶大な道祖神 松見坂地蔵尊

旧上目黒村を災いから守ってきた道祖神「松見坂地蔵尊」。

現在は暗渠化された目黒川支流の空川。ここにかかっていた遠江橋は、かつて旧上目黒村の出入り口。その位置に置かれたお地蔵さんですから、それはすなわち道祖神として、村を守る結界としての役割を担っていたのでしょう。ちなみに現在のお地蔵さんは戦後に再建されたものだそうです。

このすぐそばの「上目黒氷川神社」の氏子衆が無病息災だったと伝わることからも、このお地蔵さんのパワーを窺い知ることができます。

なお、この前を通る「淡島通り」は、かつての「瀧坂道」。道玄坂から神泉を通りこの地を経由して西は甲州街道(現在のつつじケ丘付近)まで続いていた旧道で、当時から往来の多い道だったようです。現在その役目は(渋滞具合も含め)「井の頭通り」が受け継いでいるのかもしれませんね。

また明治〜戦前までは陸軍乗馬学校があった関係で軍関係者が渋谷から通うのに使っていたそうで、これが当時の神泉の発展につながりました。

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP