日比谷公園

2019.11.10[ 史跡・公園等 ]

日比谷公園

国内で最初の洋風公園 日比谷公園

国内で最初の洋風公園と言われる「日比谷公園」。

かつては「日比谷入江」と呼ばれる海でしたが、江戸時代に埋め立てられ、各藩の上屋敷が建てられました。明治に入ると日比谷練兵場(陸軍操練所)となりましたが、1903年(明治36年)に、ドイツ式庭園を目指しながらも日本的な要素も残した現在の「日比谷公園」として開園しました。

公園内には日比谷公会堂や日比谷野外音楽堂など、様々な施設があります。その一方で大きな木々も多く自然が残っているように感じますが、それらの多くは植樹によるものなのだそう。

デモなど社会運動の場として使われることはもちろん、常に公園内のどこかでなんらかのイベントが行われているイメージがあります。訪問した際にも(多分)ビールのイベントが行われていました。

最寄駅は、地下鉄各線「霞ヶ関」駅、あるいは「日比谷」駅。JRだと、山手線「有楽町」駅。徒歩8分ほど。

日比谷公園写真

第二花壇。

日比谷公園写真

雲形池。中央に見えるのは鶴の噴水。

日比谷公園写真

心字池。奥に見えるのは、中濠の石垣跡。

MAP

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

PAGE TOP