神鳥前川神社

2017.10.13[ 神社 ]

神鳥前川神社

1187年創建・日本武尊と弟橘比売を祀る武蔵国都筑郡恩田村の総鎮守 神鳥前川神社

1187年、武蔵国の桝杉城(現在の生田緑地内)城主・稲毛重成により創建された「神鳥前川神社(しとどまえかわじんじゃ)」。

稲毛重成が夢の中でお告げを受け、日本武尊とその妃である弟橘比売を御祭神として祠を建て、「白鳥前川神社」と名付けたと伝わっています。そして時代が下る中で「白鳥」が「神鳥」となり、これを「シトド」又は「シトトリ」と読むようになったそう。ちなみに現在神社がある地域は「しらとり台」と呼ばれています。

明治期に神明社を合祀したとことにより、現在の御祭神は、日本武尊・弟橘比売・伊弉諾尊・伊弉冊尊の四柱となっています。

江戸時代には、土地の有力者・土志田半兵衛によって「日本一の大幟」とされる、約12mの大幟が奉納されました。現在はアルミ製の幟竿が社殿の前にありますが、かつては鳥居の前にあったそうです。

こちらの神社を創建した稲毛重成はもともと平家側だったそうですが、この時代特有?の数々の謀略の中で名をあげ、そして謀略の中で討たれた鎌倉時代初期の武将。残された一族の多くは讃岐(香川県)に落ちのびたそう。

最寄駅は東急田園都市線「田奈駅」。徒歩10分ほど。現在の社殿は1988年(昭和63年)に再建された新しいもので境内も現代的に整備されていますが、恩田川沿いの丘の上に建つ、歴史と威厳を感じさせるお社です。

神鳥前川神社写真

社殿前に設置されている「日本一の大幟」を掲げるための幟竿。これだけ引かないと収まりません。。

神鳥前川神社写真

境内社の稲荷社と八坂神社。

神鳥前川神社写真

神鳥前川神社写真

神鳥前川神社写真

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP