萩中神社

2017.05.10[ 神社 ]

萩中神社

古くから「神明社」として旧萩中村に鎮座していたお社 萩中神社

創建年代・御由緒は不明ですが、古くから「神明社」としてこの地に鎮座していたと伝わる「萩中神社」。現在は羽田神社の兼務社となっています。

御祭神は天照皇大神、相殿に豊受姫大神。

境内社の「東官守稲荷神社」は「羽田七福いなりめぐり」のひとつ。海での安全を祈る神様として村民の信仰を集めていたそうですが、大正6年の風水害(台風による高潮被害)に遭い、現在の萩中神社の境内に移されたそう。

最寄駅は京急空港線「糀谷」駅。徒歩5分ほど。広い境内には遊具等があり、また視界を遮るものを意図的に減らしているようで、子供達が安心して遊べる場所になっています。お詣りした日も多くの子供達が遊んでいました。

東官守稲荷神社

境内社の東官守稲荷神社。

萩中神社写真

萩中神社写真

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP