西八朔杉山神社

2017.10.12[ 神社 ]

西八朔杉山神社

武州六大明神のひとつ・延喜式内社として歴史ある神社 西八朔杉山神社

武蔵国六宮として、大國魂神社にも祀られている「杉山神社」の論社のひとつとされる「西八朔杉山神社」。

式内社である(「延喜式神名帳」には「武蔵国都筑郡唯一の式内社」と記されています)杉山神社は、ほかにも神奈川県内にいくつか論社があるのですが、武蔵総社の大國魂神社ではこちらを「武蔵国六宮」として祀っています。

創建年代や御由緒は不明ですが、「続日本後紀」に『838年に官幣を賜った』(官幣社)とあることから、遅くとも9世紀はじめ、あるいはそれ以前の創建と思われます。現在地には江戸時代初期に遷座したと伝わっています。

御祭神は、五十猛命。もともとの「杉山大明神」は、土着の古い土地神と言われています。

現在の姿は、正直なところ決して大きくはなく、また平日だったせいか、他に参拝される方を見かけることもなかったのですが、丘の中腹にあるため境内から恩田川流域を見渡すことができ、この景色を見ると、なんとなく古の空気を感じることができる、心地よい空間でした。

現在は川崎・王禅寺にある琴平神社の兼務社となっています。

西八朔杉山神社写真

旧道沿いに建つ社標。

西八朔杉山神社写真

小高い丘の上に鎮座しています。

西八朔杉山神社写真

大鳥居。

西八朔杉山神社写真

西八朔杉山神社写真

西八朔杉山神社写真

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP