馬頭観音堂(名馬池月の墓)

2018.06.30[ 史跡・公園等 ]

馬頭観音堂(名馬池月の墓)

佐々木高綱が駆っていた名馬「池月」の墓と伝わる馬頭観音 馬頭観音堂(名馬池月の墓)

「宇治川の戦い」における梶原景季との先陣争いの際に、佐々木高綱が駆っていた名馬「池月」(生唼)の墓として、霊を慰めるために建立された駒形明神が起源と伝わる「馬頭観音堂」。

佐々木高綱が池月を駆ることになった顛末については、Wikipediaのこちらのページに詳しく記されています。

この側には、佐々木高綱が建立した「鳥山八幡宮」や「三会寺」があり、また高綱の館もあったと云われています。「池月」を祀っていると云われる場所は(特にその発祥・由来について)日本各地にあるようですが、「最後の地」(お墓)ということならこちらで確定しているようです。現在は「馬頭観音堂」として、小さな祠が残されているのみとなっています。

最寄駅は、JR横浜線・横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅。徒歩30分ほど。

馬頭観音堂(名馬池月の墓)写真

馬頭観音堂(名馬池月の墓)写真

案内板。しかしほとんど読めない上、下半分は朽ちています。。

馬頭観音堂(名馬池月の墓)写真

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP