土橋神社

2017.12.02[ 神社 ]

源頼朝の逸話が残る、元宮前村土橋の総鎮守 土橋神社

江戸初期に創建したと伝わる「土橋神社」。

創建年代・御由緒は不明ですが、寛文年間(江戸初期)には、この地に「神明宮」として祀られていたと伝わっています。

明治期に入り村内の10社を合祀し「土橋神社」と改称されました。ちなみにこの地にはもともと「八雲神社」があったそうです。村内には、東西南北とその中央に、村を護るように祠が建てられたそうですが、これらの多くは天台宗正福寺(土橋神社からは西北西に400mほど行ったところにあるお寺)持だったそう。

現在の御祭神は、大日霊貴命(天照皇大神)。

社名にもあるこの土地の名称「土橋」は、かつて源頼朝が矢上川(この地を流れる川)を渡ろうとした際に、橋がなかったため、家来に命じて丸太を渡し土を盛り、橋を掛けたことから「土橋」と呼ばれるようになったと云われています。「土橋村」は戦国期〜江戸初期には定着していたよう。

現在は宮前区平にある白幡八幡大神の兼務社となっています。ちなみに現在の区の名称「宮前区」の読みは「みやまえく」ですが、かつてあった「宮前村」は「みやさきむら」と呼ばれていました。

最寄駅は東急田園都市線「宮前平」駅。徒歩3分ほど。

土橋神社写真

実は幼少期から20年近くこの地に住んでいました。当時はもっと寂びれた印象があったのですが、、立派な佇まい。

土橋神社写真

おそらく合祀された境内社と、かつて行われていた養蚕講などの碑。

土橋神社写真

社殿へ向かう石段。

土橋神社写真

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP