巣鴨大鳥神社

2017.07.19[ 神社 ]

巣鴨大鳥神社

稲荷社が起源・私財で再建されたおとりさま 巣鴨大鳥神社

もともと地元の村民によって創建された稲荷社が起源の「巣鴨大鳥神社」。

この地に稲荷社が創建されたのは1688年と云われています。江戸末期には「子育稲荷大明神」と呼ばれていました。

その後戦災によってこの稲荷社は焼失。その後、この地域のとある方(武藤さんと云われています)の夢枕に立った老人が「東方に稲荷大神坐す、住する社なし、汝速やかに建立せよ」と言ったそうで、この方はこの稲荷社の跡地に自費で仮社殿を造ったそうです。

いつからからは不明ですが「大鳥神社」は相殿として合祀されていたようで、江戸期より酉の市も行われていたそう。現在は「子育稲荷大明神」は境内の入口に、そして「大鳥神社」はその奥に鎮座しています。

現在の御祭神は、保食神命・日本武尊命。

もともと「いなり横丁」「いなり小路」と呼ばれていた神社前の通りは、現在は「巣鴨大鳥商店街」。こういう、末社が主役になるケースは、都内では結構(?)見かけます。

巣鴨大鳥神社写真

大鳥さまの社殿。

巣鴨大鳥神社写真

鳥居の横のお稲荷さま。

巣鴨大鳥神社写真

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP