大森金山神社

2017.06.27[ 神社 ]

大森金山神社

古墳の上に小祠を祀ったのが起源と伝わる神社 大森金山神社

古墳の上に金山彦大神を祀った小祠を造ったのが起源と伝わる「大森金山神社」。創建年代は不詳。

「古墳の上」とのことで、「古墳由来碑」と刻まれた石碑があるのですが、本当に古墳だったのか、ただの塚だったのか、詳細は不明だそうです。

現在は大森諏訪神社の境外末社となっています。

御祭神は金山彦大神。

祠の前を流れる内川ですが、ここに川筋が作られたのは明治以降のよう。古い地図を見ると、建っている場所は現在と同じなのですが、かつては田んぼの中、人家から離れたところに(大森諏訪神社とともに)祀られていたことが伺えます。江戸期以前に郊外に祀られた祠(神社)の、典型的・古典的な形と言えるのかもしれません。

最寄駅は京浜急行本線「平和島」駅。徒歩5分ほど。

大森金山神社写真

大森金山神社写真

大森金山神社写真

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP