大國魂神社

2017.02.12[ 神社 ]

大國魂神社

創建は西暦111年・武州六社明神を祀る武蔵総社六所宮 大國魂神社

かつての武蔵国の国府に鎮座する「大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)」。創建は景行天皇41年、西暦111年と伝わっています。大化の改新の折に、一之宮から六之宮までの「武州六社明神」を祀るようになり、以来「武蔵総社六所宮」となりました。

主祭神は大國魂大神。出雲神話の「大国主命」と御同神と言われています。同じ中殿に、御霊大神と国内諸神が祀られています。

武州六社明神は、一之宮:小野神社、二之宮:二宮神社(小河神社)、三之宮:氷川神社、四之宮:秩父神社、五之宮:金鑚神社、六之宮:杉山神社。一之宮から三之宮が東殿に、四之宮から六之宮が西殿に祀られています。

源氏をはじめ、北条氏や徳川将軍家など、時の武将も篤く崇敬していました。現在の社殿は徳川家綱の命により1667年に造営されたもの。社号は明治期に従来の「大國魂神社」に改称されました。

こちらの例大祭は「闇夜祭(くらやみ祭)」として有名。でも残念ながらまだ一度も見物できていません。。

最寄駅は京王本線「府中」駅、もしくは南武線「府中本町」。どちらからも徒歩2・3分ほど。広い境内には多くの末社をはじめ、隋神門の外には摂社である宮乃咩神社(御祭神は天鈿女命)や「ふるさと府中歴史館」があり見処も豊富です。

大國魂神社写真

大鳥居。

大國魂神社写真

随神門(ずいじんもん)。

大國魂神社写真

境内にある鼓楼(ころう)。江戸時代、時刻や緊急事態を知らせる際に、ここで太鼓の音を鳴らしていたそう。

大國魂神社写真

中雀門(ちゅうじゃくもん)。この先に社殿があります。

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP