杉山神社(横浜市鶴見区)

2017.12.23[ 神社 ]

杉山神社(横浜市鶴見区)

9世紀末の創建と伝わる、横浜・生麦村の総鎮守 杉山神社(横浜市鶴見区)

横浜市鶴見区岸谷にある「杉山神社」。

創建年代や御由緒は不明ですが、9世紀末の創建ではないかと伝わっています。正式名称は「杉山神社」ですが、「岸谷杉山神社」あるいは「生麦杉山神社」と称されることが多いようです。

現在地には1580年に遷座。生麦村の総鎮守として篤く信仰されてきました。

現在の御祭神は、日本武尊。他の杉山神社の多くは現在は五十猛神を御祭神として祀っているのですが、こちらでは違うんですね。

かつて徳川二代将軍・秀忠がこの地を通る際、道に水が溜まっていて通れなかったそう。そこで村民が生麦を刈り取り道に敷いて通れるようにしたところ、秀忠は感謝し、この地域を「生麦」と名付け、「御菜浦」のひとつとして特権を与えたと伝わっています。

最寄駅は、京浜急行本線「生麦」駅。

杉山神社(横浜市鶴見区)写真

参道前の鳥居。

杉山神社(横浜市鶴見区)写真

境内へと続く石段。数えてみたら、約百段ありました。

杉山神社(横浜市鶴見区)写真

神楽殿。こちらは旧社殿とのこと。

杉山神社(横浜市鶴見区)写真

先の戦災での犠牲者を祀る「祖霊社」。

杉山神社(横浜市鶴見区)写真

境内社。

杉山神社(横浜市鶴見区)写真

境内は現在「杉山神社保育園」の園庭になっています。

杉山神社(横浜市鶴見区)写真

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP