草分稲荷神社

2017.10.06[ 神社 ]

草分稲荷神社

荒廃した屋敷神を町の人々が私財を出し合い再興した、下町の小祠 草分稲荷神社

もとは上野国安中藩の藩主・板倉勝殷邸内に祀られていたお稲荷さま「草分稲荷神社」。

屋敷がなくなった後、祠のみが残り、荒廃したようですが、廃れていくお稲荷さまを忍びなく思った町の人々が私財を出し合って保存し、1961年(昭和36年)に現在地である佐久間公園内に再興・遷座しました。

御祭神は、宇迦之御魂命。

最寄駅はJR各線「秋葉原」駅。徒歩5分ちょっと。

草分稲荷神社写真

祠のある佐久間公園。街中にあるごくごく普通の公園といった趣なのですが、草分稲荷神社以外にも見るべきものがあります。

草分稲荷神社写真

戰災殉難者慰霊碑。東京大空襲により亡くなった方々の慰霊のために、1957年(昭和32年)に設置されました。

草分稲荷神社写真

「ラジオ体操会発祥の地」記念碑。『この地は、当時万世橋警察署の面髙巡査が町内会の人達とともに全国に先駆けて「早起きラジオ体操会」を始めたゆかりの地である』と記されています。ラジオ体操の放送が始まったのは1928年(昭和3年)。

草分稲荷神社写真

神使のお狐さまとともに祠を護る(?)猫。

草分稲荷神社写真

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP