麹町太田姫稲荷神社

2017.01.31[ 神社 ]

麹町太田姫稲荷神社

病気平癒にご利益があると伝わるお稲荷様「太田姫稲荷神社」の分祀 麹町太田姫稲荷神社

現在御茶ノ水にある「太田姫稲荷神社」の分祀と伝わる「麹町太田姫稲荷神社」。

太田道灌の娘が天然痘に罹った際、「山城国の一口稲荷神社が天然痘に霊験がある」と聞いた道灌が病の回復を祈願したところ、治癒したそう。これに感謝し一口稲荷神社を勧請し1457年に江戸城内に作られたのが「太田姫稲荷神社」の起源と言われています。

なお、「太田姫」とは「太田道灌の姫」という意味ではなく、山城国の一口稲荷神社の御縁起に出てくるという「太田姫命」のことだそう。江戸城内に祀った後、太田道灌の前に狐の姿で現れ鬼門に祀れと告げたのも「太田姫命」だと言われています。

この説話に出てくる「山城国の一口稲荷神社」は、京都の豊吉稲荷ではないか、と言われているようですが、決定打はない模様。

残念ながらなぜ「太田姫稲荷神社」の分祀がここにあるのかまではわかりませんでした。地下鉄半蔵門駅を出たすぐのところにあります。とても綺麗に管理されている小祠です。

麹町太田姫稲荷神社写真

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP