岸根杉山神社

2016.12.20[ 神社 ]

岸根杉山神社

室町時代創建・五十猛命を祀る横浜岸根町の氏神様 岸根杉山神社

室町時代の1525年に伊豆の国より岩田五郎右エ門がこの地に移住した際に鎮守として勧請したと伝えられる「岸根杉山神社」。江戸時代に入り社殿が建立されました。現在の社殿は昭和55年に再建されたもの。

『延喜式神名帳』に記述のある「武蔵国都筑郡唯一の式内社」枌山神社(杉山神社)を祀る、鶴見川流域を中心とするこの地域固有の神社のひとつです。ちなみに「枌山神社」は「大國魂神社・六之宮」に鎮座する由緒正しい神社です。

現在の御祭神は五十猛命、大山袛命。大山袛命は、大正時代に山王神社が合祀したことによるもの。

岸根高校脇の高台の隅にあるのですが、木々に覆われ良い雰囲気。しかし拝殿が閉じたままなのは少し残念です。現在は篠原八幡神社の兼務社となっています。

※2017年6月18日追記:麓にある鳥居にも行ってきました。写真も追加しました。

岸根杉山神社写真

狛犬。

岸根杉山神社写真

岸根杉山神社写真

扁額。

岸根杉山神社写真

岸根杉山神社写真

岸根杉山神社写真

旧道脇まで続いている参道(今は獣道?)を下ったところにある大鳥居。鳥居自体は、平成になってから建て替えられたもの。かつてはここから先が「神域」だったんですね。

岸根杉山神社写真

かろうじて「石段」の形をとどめていますが、これはかなり良い方。この上は、石段そのものがほとんどありません。

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP