金山神社(千代田区)

2017.10.04[ 神社 ]

金山神社(千代田区)

南宮大社の御分霊を勧請し創建された、東京の金物問屋の守護神 金山神社(千代田区)

昭和のはじめ頃に、東京金物同業組合が岐阜県の南宮大社の御分霊を勧請し組合事務所に奉斎したのが起源の「金山神社」。

南宮大社は、美濃国一宮で、古くから鉱山・金属業の総本宮として信仰を集めている神社です。

かつてこの辺りには金物問屋が道の両側に多く集まり賑わっていたと云います。現在、神社の裏側にある大通りには「神田金物通り」という名称がつけられています。なお「東京金物同業組合」は現在は名称を変え、場所も移転しています。

こちらの神社の御祭神は、金山彦命・金山姫命。

最寄駅は、JR各線「神田」駅、東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅。どちらからも徒歩5分ほど。

金山神社(千代田区)写真

金山神社(千代田区)写真

金山神社(千代田区)写真

金山神社(千代田区)写真

特集

東京ラーメンストリート特集

江戸七氷川巡り

日本橋七福神巡り

「八八幡詣で」でご利益八倍?江戸八所八幡巡り

東京五社巡り

新横浜ラーメン博物館特集

閲覧ランキング

PAGE TOP